出口誠 を偲んで

キリスト教放送局日本FEBCの番組 「コーヒーブレイク・インタビュー」に、2019年5月11日に出口誠が出演した時の音声を公開いたします。

2019年5月11日(土)放送

日本FEBC http://www.febcjp.com/

出口誠インタビュー: 約30分

本日、夫の初めてのお命日を迎えることになりました。

そろそろ長い旅から帰ってくるのではないか…と時々、そんな気持ちを抱きながら1年を過ごして参りました。

23日の日曜日には、毎週、ミサに通わせて頂いておりましたカトリック百合ヶ丘教会に伺い、追悼ミサに与らせて頂きました。度々、ジャズコンサートもさせて頂いた、思い出の多い大切な教会です。

この日も、マリオ神父様の貴重なあたたかいメッセージを頂き、感謝の時を過ごさせて頂きました。

昨年5月11日に、キリスト教放送局日本FEBCの番組で放送して頂きました 「コーヒーブレイクインタビュー」のCDを、きょう初めて…ようやく聞かせて頂きました。

吉崎惠子さんがインタビューをリードしてくださり、 夫らしく、終始楽しそうに、音楽に対する思いを語っていました。

出口はカトリック、私はプロテスタントの信者ではありますが、お互いの教会を往ったり来たり… "キリスト教と音楽"という大きな共通のつながりをもって共に過ごしてきたことをあらためて実感しています。

2005年、2010年、2015年と、5年毎にリーダーアルバムを出させて頂くことを目標に音楽活動を行って参りましたが。。

2018年に「今回は、どうしても2020年を待たずに出させてほしい」と話をされ、「Ave Maria」を収録、9月にリリースさせて頂きました。

今年、まさかのコロナの苦しい時代を迎え、常々、「ボクは何か起きる時、色々と予知能力が働くんだ!」と言っていたことを思い出します。

私は、ジャズピアニスト出口誠のピアノを応援し、出口は音楽院のジャズピアノ講師として又、教室の発展に尽力してくれました。

7年半程、辛い症状と闘いましたが、 残念ながら2019年8月25日、 天に召されました。 ふたりでいつも一緒に過ごした時間、 多くのライブにお供した時、たくさんの素敵なお店の方やアーティストの方々に紹介してくれて嬉しかったこと、 佐世保まで15時間かけてふたりで運転交代しながら行き(計2回も(>_<))、 船で黒島に渡り、黒島天主堂でライブを させて頂いたこと、 音楽院のレッスン、セミナー、ライブ、発表会、合宿、読売ランド駅前コンサートなどをいつも、一緒に楽しくやってくれたこと、「行こうか?行っちゃう❓」と、 時間をみつけては旅行に行ったり、 息子、お嫁さん、孫たちとも仲良く遊んで… 思い出はつきません。

どこまでも一緒に歩んで行くつもりでした。

毎日、フェイスブックに挙がってくる数多くの写真を保存することで、今は辛いですが、大切な思い出として残しています。

今年は、まだまだコロナの心配が続きそうですね。

教室も、来年には コンサートやライブなどの楽しいことができると期待しつつ、 素晴らしい先生方と生徒さん方、応援してくださる方々と元気に過ごして行きたいと思います。

出口も見守ってくれていると信じて❤️ 残る人生、音楽の道を全うして行きたいと思います。

新しく屋号を変えさせて頂きました。 どうぞよろしくお願い致します☆☆☆

私の母校である東洋英和 の恩師(元、高等部部長で 鈴木斎先生とおっしゃいます)がジャズ大好きな方で、出口誠のことをずっと応援してくださっていました。 最後のアルバム「Ave Maria」 のことを思って、今回はアルバムに参加してくださっている右近茂先生と池田雅明先生にお写真お願い致しました。卒業生全部に送られる会報誌に、卒業生のお店紹介として掲載されました。

2020年 8月25日
MIKI ミュージックイン
出口美樹子