9月27日(土)〜28日(日)  at  清里  その2
Back to Event

Copyright (C) 2004-8 Deguchi Mikiko Music School All Rights Reseved.

そして6時半からは皆様お待ちかねのディナー! 

昨年から2年続きで参加して下さった方は感動

再び   初めての方も大満足されている様子

でした。美しいお皿に彩りよく並べられた食材には

季節感たっぷり!! おいしくて内容がよいのは

勿論ですが、オーナーの浅川さんの細かい心配りや

何気ないおしゃべりがシックなホテルの素敵な

雰囲気を倍増させているように感じました。



夕食の後は参加者の方の演奏の続きで、

ヴァイオリンの発表!!

合宿の前の晩に出発の朝集合はご自宅から

来られると大変ということで何と!!教室の中に

寝袋を3つ並べて宿泊し、夜中も練習に励んで

くださった3名の女性達!

(日本女子大生のお二人   と、生徒だけでは

心配   と、責任感の強いヴァイオリンの

原田先生!!)と参加者の男性お二人と、

更にピアノ、ベース、ドラムのプロの先生達が加わり、

「崖の上のポニョ」の大アンサンブル 

見事最後のプログラムを盛り上げてくれました。



参加者の方々の発表会終了後はクラシックの

講師陣(P:出口美樹子、VI:原田純子、

VC:中田暁子)でグノーの「アヴェマリア」、

エルガーの「愛のあいさつ」、モンティの

「チャルダッシュ」を演奏しました。









そしてジャズミュージシャン達にタッチ。(TS:菊地康正、河村英樹、P:出口誠、Bass:山口雄三、Ds:井川晃、

Vo:元山いづみ、灯露美)2ステージに渡り、白熱ライブが繰り広げられました。

テナー奏者が二人いた為、交代でカルテットでの演奏が続きました。

ベテラン菊地康正先生、若手(中堅?)河村英樹先生の二人を出口誠トリオが迎えうちました!!

こんな贅沢なセッション、他にあるのでしょうか?

おなじみ「Take Five」では井川晃氏のドラムソロが場を熱くしました。

菊地氏フューチャーでミーシャの「Everything」は泣かせてくれました。。。

10時半頃アンコール曲「コットンテール」で終了しました。
その3へ

さて、宿泊組はまたまたお楽しみの自由時間!!お部屋でゆっくり過された方、また、ロビー脇にある珈琲、お茶などを

自由に頂けるラウンジで夜更けまでご親睦

ここでも大変盛り上がっていたようです。。。

きっとどなたも「シーン。。。」という音(?)の聞こえる程の静けさの中で、ゆっくりとおやすみになられたことでしょう

どんなに眠くても酔っていたとしても「このホテルの気持ちよいお風呂に入らないと絶対に後悔する!!」と言って

溺れんばかりのベロベロ〜状態の井川氏に付き添って、主人もお風呂へ 

それでも湯船の中では音楽の高レベルな話をされていたとか。。。サスガですね  
その1へ